イソフラボンの効果

過剰摂取してしまうとどうなるの?

イソフラボンは女性の健康と美に役立つ栄養素ですが、イソフラボンを過剰摂取してしまうと、健康被害が出てくることが解ってきています。イソフラボンは不足し過ぎても、過剰に摂取し過ぎても問題があります。そのためイソフラボンは一日に必要な量のみを摂取し続けることが大切です。

ではイソフラボンを過剰に摂取し続けてしまうと、どんな弊害があるのでしょうか。

それは女性ホルモンの分泌を異常化させてしまいます。妊娠中にイソフラボンを過剰に摂取してしまうと、お腹の中の胎児にも影響が出てきてしまいます。

普通の食生活に加えて、さらにサプリメントを取り続けてしまうと、一日の適正量を上回ってしまうため、サプリメントを服用する際には、特に注意が必要でしょう。

特に注意しなければならないのは、妊婦や授乳期、アレルギーがある方、乳幼児や子供です。

閉経後の女性が過剰摂取した場合には、子宮内膜増殖症になってしまった症例もあります。

閉経前の女性が過剰摂取した場合においては、イソフラボンが過剰に体内に入ることによって身体の方では、エストロゲンが大量に分泌されていると判断し、エストロゲンの分泌量を極端に減らしたり、増やしたりしてしまいます。これによって月経前の腹痛や頭痛、精神的なイライラ感を増幅させてしまったり、月経周期が乱れてしまうなどの症状が出てきます。

サプリメントを服用するときは、食事での摂取量も考え、規定量を超えないように注意しましょう。