イソフラボンの効果

女性ホルモンとイソフラボンの関係

美意識の高い女性達から常に注目されている美しさを維持するために必要な成分であるイソフラボンの過剰摂取について解説していきたいと思います。

大豆製品に多く含まれている成分の一つ大豆イソフラボンは女性らしいしなやかなボディラインやバストアップに効果をもたらす女性ホルモンの一種エストロゲンと同様の働きをすることは有名ですが、体内に多くのイソフラボンを取り込むことでより高い効果を得られると考えるのは大きな誤りですので注意をしましょう。

イソフラボンの過剰摂取は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促してしまいます。プロゲステロンは女性ホルモンの一種で排卵から生理までの間に多く分泌されるホルモンです。プロゲステロンが分泌されるとむくみやニキビ、シミができやすくなったりと美容を意識する女性にとっては望まない症状があらわれます。イソフラボンの過剰摂取はプロゲステロンの分泌を促し生理前後に起こる不快な症状PMSの症状を重くしてしまい月経不順を引き起こす危険性もあります。

日本人女性のイソフラボンの一日の摂取量は64mgが理想と言われています。きちんと用法用量を守ればイソフラボンは素晴らしい効果をもたらしてくれます。なかでも、近年女性のがん発症率1位となってる乳がんは年々疾患患者数が増加傾向にあります。イソフラボンは、乳がんの発症リスクを軽減させる働きもあるといわれています。