イソフラボンの効果

イソフラボンの種類

女性にうれしい効果をもたらしてくれることで広く知られているイソフラボンには種類があることをご存知ですか。

「アグリコン型イソフラボン」と「グリコシド型イソフラボン」と大きく分けて2つに分類されます。

http://xn--u9jwf1cqe9a3e7c5559a7jxb.com/45.htmlにも書いてあるようにアグリコン型イソフラボンは糖と結合していない非糖体型のことをさしています。このアグリコン型は吸収の妨げとなっている糖が外されているため腸内細菌の活動に関係なく効率よく作用する特徴があります。

また イソフラボンの特徴でもある女性ホルモンの一種エストロゲン、男性ホルモンの一種テストステロンへの働きを促すのもアグリコン型です。アグリコン型は男女がもつホルモンの分子構造に似ているため女性ならエストロゲンに男性ならテストステロンへ働きかけ女性らしく、そして男性らしくあり続けるためのホルモンと同様の働きを行います。

アグリコン型を含む食品としては充分に発酵されている味噌だけが唯一アグリコン型の成分が含有されています。発酵食品なら納豆もあげられますが納豆の発酵では糖を完全に分解できていないのです。

そしてグリコシド型はイソフラボンの周囲には糖がくっついている、糖配合型さしています。一つひとつの分子量が大きいため胃では吸収されず腸内細菌の酵素で切り離す必要があるのですが、腸内細菌の活動には個人差があるため同じ量を摂取しても吸収率や効果の出方は大きく異なります。糖配合型は納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。 また、イソフラボンの体験談http://xn--eck7bvd2a5dzct376aa6329blb3c.com/も参考にしてみると良いでしょう。