イソフラボンの効果

イソフラボンの摂り過ぎに注意しよう

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンは、近年注目されている成分です。女性が摂取すると、肌質が良くなったり胸が大きくなったりします。身体がなんとなく丸みをおびて女性らしくなるため、男性が摂取した際には薄毛や抜け毛が改善されると言われています。しかし、イソフラボンを摂り過ぎると、少々危険なこともあります。

そもそもイソフラボンとは豆乳などに含まれている成分で、ポリフェノールのひとつです。ポリフェノールには抗酸化作用があります。イソフラボンは、女性ホルモンのひとつ、「エストロゲン」に近い働きをして、更年期のほてりやのぼせを改善したり、ホルモンのバランスを整えて生理不順を改善したりしてくれます。さらに納豆などの大豆から摂れるイソフラボンは、骨粗しょう症や循環器系疾患を予防したり、悪玉コレステロールを減らしたりする働きがあります。大豆イソフラボンは、大豆そのものはもちろん、豆腐や油揚げ、きな粉などから摂ることができます。

身体にとって良いコトばかりなので、できるだけたくさんイソフラボンを摂取したいと思うでしょう。しかし、摂り過ぎは逆効果になることがあります。特に、サプリメントでも補おうと思って多量に摂取した場合には、ホルモンのバランスを崩して肌荒れを起こしたり生理前に体調が悪くなったり、自律神経が乱れたりします。自律神経が乱れるとストレスが溜まりやすくなったり不眠になったりします。過剰摂取は全くの逆効果なので絶対にしないよう気を付けましょう。 また、イソフラボンと相性の良い成分についても参考にご覧ください。