イソフラボンの効果

イソフラボンの副作用

健康に優良な作用をもたらしてくれることで知られている成分「イソフラボン」は女性ホルモンに働きかけます。ホルモン分泌を促すことで外見の美しさや内面にも活力を与え女性らしい、しなやかボディラインやいつでも元気でエネルギッシュでタフな女性でいることができます。

このように女性を中心にうれしい効果をもたらしてくれることで広く認知されているイソフラボンの効果ですが、心配なのは副作用です。今回はイソフラボンの副作用について解説していきます。

イソフラボンの一日の摂取量の目安はサプリメントであれば30mg、食品などからの摂取量は70mg~75mg程度が理想です。

イソフラボンが豊富に含有されている食品としては、木綿豆腐(半丁)150gで約42mg、絹ごし豆腐(半丁)150g約38mg、納豆1パック36mg、大豆飲料(豆乳など)200g約41mg、味噌汁一杯で約6mgなどこの他にも煮豆、黒豆、がんもどき、醤油などがあげられます。

前述で摂取量の目安を解説しましたが、大豆イソフラボンの場合はイソフラボン自体の過剰吸収を除去する効果もあります。そのために、摂取量を意識することなく大豆製品を食事の献立に組み込んで行くことは問題ありません。

しかしながら、人工的に製造されたサプリメントや健康補助食品などの過剰摂取を行うと胃腸のバランスが崩れ調子が悪くなり、乳がんのリスクが高まるなどの危険性も伴いますのでイソフラボンの過剰摂取は避け一日の摂取量は守るようにしましょう。